レクリエーション保険のこと

人気のレクリエーション保険を補償と加入条件で比較!1日・少人数も加入OK

おすすめのレクリエーション保険を特約・加入条件で徹底比較!

レクリエーション保険を比較して紹介

団体で遠足や野球大会などの行事・レジャーイベントを開催する場合は、レクリエーション保険に加入しておくと万が一参加者がケガをした場合に備えることができ安心です。

レクリエーション保険は様々な損害保険会社から販売されており、加入条件や付帯できる特約も異なるため、自分たちに適したものを比較して選ぶ必要があります。

この記事では、現在販売されているレクリエーション保険のうち、補償内容が充実しており加入しやすい人気の保険商品5つを比較してご紹介します。

また、比較する際に見るべきポイントも解説しているので、みなさんのレクリエーション保険選びの参考にしてみてください。

この記事は、下記のような方におすすめです。

  • レクリエーション保険の契約条件を比較したい人
  • どのレクリエーション保険を選ぶべきか悩んでいる人
  • レクリエーション保険を比較するポイントが分からない人

目次

比較する前に。1日でも加入できるレクリエーション保険の基本情報

レクリエーション保険の基本情報

レクリエーション保険の基本情報

レクリエーション保険は、行事やイベント、レクリエーション活動を行う際に発生する事故やアクシデントによって参加者が負うケガに備える団体向けの傷害保険です。

契約者は団体の主催者で、参加者全員を対象にまとめて契約することができます。参加者がそれぞれ契約する必要がないため、使い勝手の良い保険と言えるでしょう

レクリエーション保険の補償内容は、イベント・行事中に発生したケガによって治療が必要になった場合の通院・入院保険金や手術保険金、そして万が一死亡または後遺障害が残ってしまった場合の死亡保険金、後遺障害保険金です。

保険金の金額は加入時に契約者が所定の範囲内で自由に設定することができます。

レクリエーション保険の補償内容

レクリエーション保険は、主に参加者のケガや死亡の補償をメインとしていますが、行事を見学しに来た方などの第三者に、ケガをさせてしまったり死亡させてしまったりした場合の賠償責任保険もカバーしている商品があります。

では、レクリエーション保険の具体的な補償項目や内容について解説していきます。

傷害保険:参加者のケガ・死亡の補償

行事に参加した方への補償内容には、主に下記の4つがあります。

補償項目 補償内容
死亡保険金・後遺障害保険金 行事の参加者が死亡またはケガによる後遺症が残ったときに支払われる。
入院保険金 参加者が入院した場合に支払われる保険金で「1日〇円」などと設定される。一般的に入院1日目から補償。
手術保険金 手術を受けた場合に支払われる。入院保険金1日の金額の〇倍などと設定される。
通院保険金 通院した場合に通院日数に応じて支払われる。「1日〇円」と設定される。

賠償責任保険:第三者のケガ・死亡の補償

レクリエーション保険によっては、行事の参加者だけでなく見学者といった第三者のケガや死亡を補償するものもあります。

補償項目 保障内容
損害賠償金 見学者などの第三者のケガ・死亡、ものの破損といった損害を補償
緊急措置費用 事故発生時に必要になった費用の補填
訴訟費用 裁判や示談交渉にかかる費用を補填
損害防止軽減費用 発生した損害の拡大を防止・軽減するために要した費用の補填

このように、第三者に対する補償もカバーしてあるレクリエーション保険なら安心です。

1日単位、または年間単位で加入することが可能

レクリエーション保険のポイントは、1日単位で加入することができる点です。そのため、不定期に開催されるイベントや行事でも契約することができます。

もちろん、開催日が複数日にまたがる場合には保険期間を複数日に設定することも可能です。

なお、レクリエーション保険の支払い保険料は参加者1人あたり1日いくらという形で算出されるため、複数日開催の場合にはその日数に比例して保険料が増えていきます。

また、レクリエーション保険ではイベント・行事を開催する機会が多い団体向けに、年間単位で契約することができる「年間包括契約」という方法を用意しています

たとえば学校行事や社内イベントなど、年間行事の予定があらかじめたっている場合には、その年度に開催予定の行事すべてを対象に、一度の契約でレクリエーション保険に加入することができますよ。

もしイベント・行事が中止されたり延期された場合でも、レクリエーション保険に契約した保険代理店や保険会社に連絡をすれば順延対応をとってもらえます。

特約を付帯することで補償内容を手厚くできる

レクリエーション保険では、ケガに対する死亡保険金や通院保険金などの基本補償の他に、特約を付帯させることで補償内容を手厚くすることが可能です

用意されている特約は保険会社ごとに異なりますが、よく見られるのは下記の特約です。

  • 熱中症危険特約
  • 細菌性食中毒およびウイルス性食中毒補償特約
  • 天災危険補償特約

レクリエーション保険を選ぶ際には、付帯できる特約の内容を比較して選ぶと良いでしょう。

契約対象となるイベント・行事の種類が決まっている

レクリエーション保険では、契約できるイベント・行事の種類が保険会社ごとに定められています

そのため、もし自分たちが開催する行事が契約対象外の種類であれば、そもそもレクリエーション保険に契約することができなくなってしまいます。

とは言うものの、日常の中でよく行われるスポーツやレクリエーション活動、行事などはどの保険会社でも契約対象になるため、あまり心配しなくても良いでしょう。

契約対象外になってしまうのは、ケガ・死亡のリスクが高いスポーツやレジャーです。たとえば、スカイダイビングやロッククライミング、ジェットスキー、バンジージャンプなど。

もし自分たちが行うイベント・行事の内容がレクリエーション保険の契約対象になるか分からない場合には、保険代理店や保険会社に問い合わせをしてみましょう。

保険会社ごとに加入できる最低人数が異なる

レクリエーション保険に契約する際には、各保険会社が設定している加入最低人数の条件に注意する必要があります。

レクリエーション保険は団体向けの傷害保険なので、所定の人数以上の参加者がいる団体でなければ加入することができません。

参加者人数の条件は各保険会社で異なりますが、多くの場合は1日あたりの参加者が20名以上の団体

中には、10名以上と比較的少数から加入できるものがあったり、反対に45名以上と比較的大人数を対象としているレクリエーション保険があったりするので、よく確認しましょう。

宿泊を伴うイベント・行事は契約できない

レクリエーション保険の大きな注意点として、宿泊を伴うイベント・行事は契約することができないという点があります

たとえレクリエーション保険の契約対象となる種目を行う場合でも、宿泊をはさむ開催スケジュールの場合には契約することができません。

宿泊を伴う場合には、レクリエーション保険ではなく国内旅行傷害保険を検討してみてください。

ここまでレクリエーション保険の基本情報をまとめてきましたが、ポイントをまとめると以下のとおりです。

  • レクリエーション保険は、主催者が参加者全員をまとめて加入できる
  • 1日単位で加入することも可能だが、年間単位で加入することも可能
  • 契約対象となるイベント・行事の種類が決まっている。ケガのリスクが高い種類は契約対象外。また、宿泊をともなう場合も契約できない。
  • 保険会社ごとに契約できる団体の最低参加者人数が決まっている。多くの場合は1日あたりの参加者が20名以上から。

上記をよく頭にいれてから、レクリエーション保険を比較していきましょう。

レクリエーション保険の比較ポイント

比較する際のポイント

比較する際のポイント

ここでは、レクリエーション保険を比較して選ぶ際のポイントを解説します。

比較ポイント①加入条件(1日あたりの参加者人数など)

レクリエーション保険は、契約できる条件が決まっています。

1日あたりの参加者の人数、開催するイベントや行事の種類、宿泊を伴わないことなど、いくつか項目はありますが、特に注意して比較すべきは1日あたりの参加者人数です

レクリエーション保険の契約対象となるイベントや行事の種類はどの保険会社も大きく変わりませんし、宿泊を伴わないことはすべての保険会社に共通です。

しかし、1日あたりの参加者の人数条件は保険会社によって違います。10名以上、20名以上、45名以上など違いの幅も大きいため、比較する際によく確認してください。

比較ポイント②補償内容

レクリエーション保険の基本補償はどの保険会社も共通。比較時に差が出るのは、それぞれの保険会社が用意している特約です

特に、夏場にイベントを行う場合や、出店をだしたり主催者側がお弁当を用意したりする飲食を伴う行事を行う場合には、熱中症やウイルス性の食中毒に関する特約を付帯させておくと安心でしょう。

自分たちが開催するイベント・行事の内容に合わせて、十分な補償を備えたレクリエーション保険比較して選ぶことがポイントです。

レクリエーション保険の保険料は比較すべき?

レクリエーション保険比較するには、まず支払い保険料を知りたいと思う方もいるかと思います。

しかし、レクリエーション保険の支払い保険料は契約する団体の条件に応じて異なるため、事前に保険料を知ることは難しいのが正直なところです

というのも、レクリエーション保険では「開催するイベント・行事の種類」と「保険金の設定額」に応じて1日あたり・1人あたりの支払い保険料が算出される仕組みです。

このような仕組みのため、「レクリエーション保険の保険料はどんなケースでもこの金額になる」と言うことはできません。

しかし、多くのレクリエーション保険では、1人あたり1日30円~300円という非常に手軽な支払い保険料で加入することができるため、金銭的な負担は比較的少ないことがほとんどです。

もしレクリエーション保険の正確な支払い保険料が知りたい場合には、各保険会社や保険代理店に見積り問い合わせをしてみてください。

まずはそもそも加入できる条件を満たしているのか、そして自分たちが開催するイベント・行事に関連する特約があるかどうかを比較して確認することが重要です。

人気のレクリエーション保険を比較!1日あたりの加入条件・補償内容

ここからは、現在販売されている人気のレクリエーション保険5つを比較してご紹介していきます。

比較するレクリエーション保険

  • 損保ジャパン:レクリエーション補償プラン
  • 三井住友海上:レクリエーション傷害補償プラン
  • 東京海上日動:レクリェーション災害補償プラン
  • AIG保険:レクリエーション傷害保険
  • JA共済(農協):イベント共済

※上記の保険商品の補償内容・保険料の情報は、2020年時点で各保険会社が取り扱うレクリエーション保険の保険パンフレット資料等を参考にしております。最新情報と異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

レクリエーション保険比較一覧表

ホームページに掲載されている各社のパンフレット等を分析し、レクリエーション保険の加入条件(参加者人数)と付帯できる特約を比較一覧表にまとめました。

加入できる
参加者人数
付帯できる特約
損保ジャパン 20名以上 熱中症危険特約
細菌性食中毒およびウイルス性食中毒補償特約
三井住友海上 20名以上 天災危険補償特約
フランチャイズ特約
エクセス特約
東京海上日動 45名以上 特になし
AIG保険 10名以上 熱中症危険補償特約
細菌性食中毒補償特約セット
JA共済(農協) 10名以上 特になし

各レクリエーション保険の詳細は、次にそれぞれ紹介していきます。

損保ジャパン:レクリエーション補償プラン

損保ジャパンのレクリエーション補償プラン

損保ジャパンのレクリエーション補償プラン

損保ジャパンのレクリエーション保険は、加入できる参加者人数は20名からと、レクリエーション保険の中でも一般的な条件になっています。

熱中症と細菌性食中毒にも備えられるため、夏場の屋外イベントや飲食を伴うイベントにも利用できるでしょう。

比較情報①:加入条件と特約

加入できる参加者人数 20名以上から
付帯できる特約 熱中症危険特約
細菌性食中毒およびウイルス性食中毒補償特約

比較情報②:パンフレット資料で案内されている保険料例

区分 レクリエーションの種類 保険料
(1日・1人)
保険金額
A 日帰り遠足、料理教室、海水浴、花火大会、盆踊りなど 30円 死亡・後遺障害保険金:455万円
入院保険金日額:4,000円
通院保険金日額:2,000円
B 運動会、日帰りキャンプ、軟式・準硬式野球、マラソンなど 150円 死亡・後遺障害保険金:460万円
入院保険金日額:4,000円
通院保険金日額:2,000円
C 硬式野球、サッカー、空手など 300円 死亡・後遺障害保険金:457万円
入院保険金日額:4,000円
通院保険金日額:2,000円
区分:A
活動種目 日帰り遠足、料理教室、海水浴、花火大会、盆踊りなど
保険料 30円(1人につき、1日あたりの金額)
保険金 死亡・後遺障害保険金:455万円
入院保険金日額:4,000円
通院保険金日額:2,000円
区分:B
活動種目 運動会、日帰りキャンプ、
軟式・準硬式野球、マラソンなど
保険料 150円(1人につき、1日あたりの金額)
保険金 死亡・後遺障害保険金:460万円
入院保険金日額:4,000円
通院保険金日額:2,000円
区分:C
活動種目 硬式野球、サッカー、空手など
保険料 300円(1人につき、1日あたりの金額)
保険金 死亡・後遺障害保険金:457万円
入院保険金日額:4,000円
通院保険金日額:2,000円

※熱中症危険特約を付帯した場合の保険料です。

損保ジャパンのレクリエーション保険を詳しく見る

三井住友海上:レクリエーション傷害補償プラン

三井住友海上のレクリエーション傷害補償プラン

三井住友海上のレクリエーション傷害補償プラン

三住住友海上のレクリエーション保険は、参加者20名以上から加入することができます

特約は、地震や噴火などによる津波が原因でケガをした場合も補償対象となる天災危険補償特約、補償内容に所定の制限を加えることで保険料を抑えられるフランチャイズ特約・エクセス特約が用意されています。

ただし、フランチャイズ特約・エクセス特約は付帯させると補償が十分ではなくなってしまう可能性もあるため、付帯させるケースは比較的少ないです。

なお、三井住友海上のレクリエーション保険では、熱中症や細菌性の食中毒は補償の対象になりません。

比較情報①:加入条件と特約

加入できる参加者人数 20名以上から
付帯できる特約 天災危険補償特約
フランチャイズ特約
エクセス特約

比較情報②:パンフレット資料で案内されている保険料例

区分 レクリエーションの種類 保険料
(1日・1人)
保険金額
A 日帰り遠足、いちご狩り、ゴルフ、ヨガ、ラジオ体操など 23円 死亡・後遺障害保険金額:300万円
入院保険金日額:3,000円
通院保険金日額:2,000円
B 運動会、軟式野球、日帰りキャンプ、マラソン大会、サイクリング、ウインドサーフィンなど 111円
C スキー、スノーボード、水上スキー、硬式野球、サッカー、フットサルなど 221円
区分:A
活動種目 日帰り遠足、いちご狩り、ゴルフ、ヨガ、ラジオ体操など
保険料 23円(1人につき、1日あたりの金額)
保険金 死亡・後遺障害保険金額:300万円
入院保険金日額:3,000円
通院保険金日額:2,000円
区分:B
活動種目 運動会、軟式野球、日帰りキャンプ、マラソン大会、サイクリング、ウインドサーフィンなど
保険料 111円(1人につき、1日あたりの金額)
保険金 死亡・後遺障害保険金額:300万円
入院保険金日額:3,000円
通院保険金日額:2,000円
区分:C
活動種目 硬式野球、サッカー、サッカー、空手など
保険料 221円(1人につき、1日あたりの金額)
保険金 死亡・後遺障害保険金額:300万円
入院保険金日額:3,000円
通院保険金日額:2,000円

東京海上日動:レクリェーション災害補償プラン

東京海上日動のレクリェーション災害補償プラン

東京海上日動のレクリェーション災害補償プラン

東京海上日動のレクリエーション保険は、参加者45名以上からと比較的大人数の団体向けの保険商品です。

熱中症やウイルス性食中毒は補償の対象にならないため、夏場の屋外行事にはあまり向いていないでしょう。

比較情報①:加入条件と特約

加入できる参加者人数 45名以上から
付帯できる特約 特になし

比較情報②:パンフレット資料で案内されている保険料例

区分 レクリエーションの種類 保険料
(1日・1人)
保険金額
A バドミントン大会、卓球大会、テニス大会、ハイキング、水泳教室、ヨガ、日帰り遠足、潮干狩りなど 24円 死亡・後遺障害保険金:500万円
入院保険金日額:2,000円
通院保険金日額:1,000円
B 軟式野球の大会、剣道大会、陸上競技、運動会、サイクリング、マラソン大会、サッカー教室など 120円
C サッカー大会、硬式野球大会、山車・みこしに参加する祭り、ハンドボール、バスケットボールなど 241円
区分:A
活動種目 バドミントン大会、卓球大会、テニス大会、ハイキング、水泳教室、ヨガ、日帰り遠足、潮干狩りなど
保険料 24円(1人につき、1日あたりの金額)
保険金 死亡・後遺障害保険金:500万円
入院保険金日額:2,000円
通院保険金日額:1,000円
区分:B
活動種目 軟式野球の大会、剣道大会、陸上競技、運動会、サイクリング、マラソン大会、サッカー教室など
保険料 120円(1人につき、1日あたりの金額)
保険金 死亡・後遺障害保険金:500万円
入院保険金日額:2,000円
通院保険金日額:1,000円
区分:C
活動種目 サッカー大会、硬式野球大会、山車・みこしに参加する祭り、ハンドボール、バスケットボールなど
保険料 241円(1人につき、1日あたりの金額)
保険金 死亡・後遺障害保険金:500万円
入院保険金日額:2,000円
通院保険金日額:1,000円

AIG損害保険:レクリエーション傷害保険

AIG損保のレクリエーション傷害保険

AIG損保のレクリエーション傷害保険

AIG損保のレクリエーション保険は、参加者10名以上という比較的少ない人数から利用することができる点が嬉しいポイント

仲間内でのちょっとしたスポーツやレジャーなどにも活用できるでしょう。

また、熱中症危険特約や細菌性食中毒補償特約も付帯されているため、夏場のイベントや飲食を伴う行事にもぴったりです。

比較情報①:加入条件と特約

加入できる参加者人数 10名以上から
付帯できる特約 熱中症危険特約
細菌性食中毒補償特約

比較情報②:パンフレット資料で案内されている保険料例

区分 レクリエーションの種類 保険料
(1日・1人)
保険金額
A 写生会、ハイキング、ゲートボール、盆踊り、ゴルフ、バドミントンなど 32円 死亡・後遺障害保険金:700万円
入院保険金日額:2,000円
通院保険金日額:1,000円
B 運動会、サイクリング、軟式野球、陸上競技など 105円 死亡・後遺障害保険金:400万円
入院保険金日額:2,000円
通院保険金日額:1,000円
C スキー、サッカー、ラクロス、サーフィンなど 160円 死亡・後遺障害保険金:250万円
入院保険金日額:2,000円
通院保険金日額:1,000円
区分:A
活動種目 写生会、ハイキング、ゲートボール、盆踊り、ゴルフ、バドミントンなど
保険料 32円(1人につき、1日あたりの金額)
保険金 死亡・後遺障害保険金:700万円
入院保険金日額:2,000円
通院保険金日額:1,000円
区分:B
活動種目 運動会、サイクリング、軟式野球、陸上競技など
保険料 105円(1人につき、1日あたりの金額)
保険金 死亡・後遺障害保険金:400万円
入院保険金日額:2,000円
通院保険金日額:1,000円
区分:C
活動種目 スキー、サッカー、ラクロス、サーフィンなど
保険料 160円(1人につき、1日あたりの金額)
保険金 死亡・後遺障害保険金:250万円
入院保険金日額:2,000円
通院保険金日額:1,000円

※熱中症危険補償特約、細菌性食中毒補償特約を付帯させている場合の保険料です。

JA共済(農協):イベント共済

JA共済のイベント共済

JA共済のイベント共済

JA共済は、イベント共済というレクリエーション保険を販売しています。こちらも参加者10名からと比較的少人数向けの保険になっています

共済は、他社の保険商品と比較して割安な掛け金(保険料)で加入することができる点がポイント。

JA(農協)の組合員になっていなくても加入することが可能です。

比較情報①:加入条件と特約

加入できる参加者人数 10名以上から
付帯できる特約 特になし

比較情報②:パンフレット資料で案内されている保険料例

区分 レクリエーションの種類 保険料
(1日・1人)
保険金額
1級 バレーボール、ボウリング、草刈りなど 18円~24円 死亡共済金:300万円
部位・症状別治療共済金額:3,000円
2級 野球、剣道、運動会、みこし(子供主体)、防災訓練など 75円~90円
3級 スキー(ジャンプを除く)、相撲、ラグビー、みこし(大人主体)など 156円~186円
区分:1級
活動種目 バレーボール、ボウリング、草刈りなど
保険料 18円~24円(1人につき、1日あたりの金額)
保険金 死亡共済金:300万円
部位・症状別治療共済金額:3,000円
区分:2級
活動種目 野球、剣道、運動会、みこし(子供主体)、防災訓練など
保険料 75円~90円(1人につき、1日あたりの金額)
保険金 死亡共済金:300万円
部位・症状別治療共済金額:3,000円
区分:3級
活動種目 スキー(ジャンプを除く)、相撲、ラグビー、みこし(大人主体)など
保険料 156円~186円(1人につき、1日あたりの金額)
保険金 死亡共済金:300万円
部位・症状別治療共済金額:3,000円

まとめ:1日だけ・少人数だけでもしっかりリスク対策を

レクリエーション保険を比較してリスク対策を

レクリエーション保険を比較してリスク対策を

今回は、現在販売されている人気のレクリエーション保険を5つ比較してご紹介しました。

レクリエーション保険を比較する際のポイントは、契約条件と補償内容です。特に、レクリエーション保険の契約条件には注意してください。

事前にしっかり比較しておかないと、保険会社や保険代理店に問い合わせをしたは良いが結局契約できなかったということにもなりかねません。

保険料などの費用面を比較したいという方は、自分たちの団体が加入できそうなレクリエーション保険をいくつかピックアップして、その保険商品を取り扱う保険代理店または保険会社へ見積もり問い合わせをしてみてください。

たとえ1日だけの開催、または少人数だけでの開催だったとしても、ケガのリスクは必ずあります。万が一の事故に備えて、最低限の備えだけでもしておくことをおすすめします。

監修者のコメント

今回は、各保険会社や共済のホームページに掲載されている情報を基に比較しています。パンフレットには記載がないものの付帯できる特約もありえますので、詳しくは取扱代理店または保険会社に確認してみてください。ただし、ホームページやパンフレット等に記載がない特約=保険会社や共済としてあまりお勧めしたくない特約かもしれません。

監修者

当記事の監修者:遠山直孝

  • 保険コンプライアンス・オフィサー2級
  • ファイナンシャルプランナー(AFP)
  • 損保大学(法律・税務)

国立大学卒業後、大手保険会社に27年勤務し、現在は損害保険代理店に所属。営業、企画部門での多彩な経験から、法律・税務を踏まえた実用的な保険の活用に精通しており、日々情報を発信しています。

※損保大学とは、損害保険の募集に関する知識・業務を向上させるために日本損害保険協会が立ち上げた制度。当監修者は「法律・税務」などの知識を深める専門コースを修めています。

-レクリエーション保険のこと