レクリエーション保険のこと

20人以下の少人数でレクリエーション保険に加入することは可能?

参加者が20人以下で、レクリエーション保険に加入できない場合の対処方法も解説

20人以下の少人数でレクリエーション保険に加入することは可能?

参加者の万が一に備えて主催者が加入できるレクリエーション保険ですが、多く場合、参加者が20人以上いることが共通の加入条件として設定されています。

しかし、20人以下でレクリエーション保険を契約したいと考えている人もいるでしょう。

そこで本記事では、参加者が20人以下でレクリエーション保険に加入するのは難しいのか見ていきます。加入できない場合は、どうしれば参加者のケガや施設の損賠賠償に備えられるのか解説するので参考にしてください。

レクリエーション保険の主な補償内容とは

レクリエーション保険の主な補償内容とは

レクリエーション保険とは、運動会など団体でのスポーツイベントや町内でのお祭りなどの行事ごとを開催する際に加入できる損害保険です。

イベントや行事の参加者が20人以上である場合に加入できるのが一般的で、参加者のケガなどの傷害を補償できます。

補償対象となるイベント・行事は、契約するレクリエーション保険によって異なるのが特徴です。保険会社によっては特約を付帯することで、施設に損害が出た場合の賠償や日程変更に伴う損害も補償範囲内とできることがあります。

イベント・行事の日数は1日だけでも問題ありません。もちろん、何日かにまたがって開催されるイベント・行事も補償対象です。ただし、宿泊を伴うとレクリエーション保険ではカバーできないため注意しましょう。

20人以下の少人数でレクリエーション保険に加入することは可能?

20人以下の少人数でレクリエーション保険に加入することは可能?

結論から言えば、参加者が20人以下の場合、レクリエーション保険に加入するのは難しいです。

なぜなら、ほとんどのレクリエーション保険の加入条件で「参加者が20人以上であること」が定められているからです。

20人以下で保険に加入できない場合の対処方法

20人以下で保険に加入できない場合の対処方法

参加者が20人以下であることが原因でレクリエーション保険に加入できない場合、次のような対処方法が考えられます。

行事・イベントに参加する人数を調整する

「あと数人で参加者が20人になる」という場合は、参加人数を増やせないか検討してみましょう。会社の同僚や学生時代の友人など、声をかける範囲を広げれば最初は20人以下でも意外に大人数になることがあります。

行事・イベントに興味がある人はいるものの日取りがあわない場合は、思い切って日程を変更するのも1つの方法です。時間帯を調整するだけでも、参加具合が変わってくるかもしれません。

別の損害保険・賠償保険に加入する

行事やイベントが起因する事故や損害を補償できる保険は、レクリエーション保険以外にも存在します。

例えば、参加者や観客などが行事・イベント中にケガをしたり、施設を損害したりした場合に補償が適用される保険としてイベント保険があります。

他にも、スポーツ活動や文化活動などを対象とするスポーツ保険も選択肢の1つになるでしょう。

参加者に加入してもらう必要がありますが、登山保険などのアウトドア保険やレジャー保険も検討する余地があります。

イベント参加者が20人以上ならこちらのレクリエーション保険がおすすめ

イベント参加者が20人以上ならこちらのレクリエーション保険がおすすめ

3社のレクリエーション保険の主な特徴をまとめています。主催者として参加者の責任を取りたいと考えている場合は、下表を参考に適したレクリエーション保険を探してみてください。

会社名 あいおいニッセイ同和損保 損保ジャパン 三井住友海上
保険商品名 レクリエーション保険 レクリエーション補償プラン
(傷害保険)
レクリエーション傷害補償プラン
(行事参加者の傷害危険補償特約付普通傷害保険)
加入条件 参加者20人以上 参加者20人以上 参加者の1日あたりの平均が20人以上
保険金の種類 死亡保険金
後遺障害保険金
入院保険金
手術保険金
通院保険金
死亡保険金
後遺障害保険金
入院保険金
手術保険金
通院保険金
死亡保険金
後遺障害保険金
入院保険金
手術保険金
通院保険金
団体割引 あり
20人以上5%~
あり
50人以上5%~
あり
20人以上5%~

まとめ

まとめ

レクリエーション保険は、基本的に参加者が20人以下だと加入できません。

参加者のケガや施設の損害賠償に備えたい場合は、参加者が20人以下から増えるように調整したり、イベント保険など別の保険に加入したりなどの方法があります。

行事・イベントを主催する際は準備を万全に済ませて、安全・安心に開催しましょう。

【関連記事】合わせて読みたい

※免責事項

当サイトのコンテンツは一般的な情報の提供を目的としています。可能な限り正確な情報を提供するように努めておりますが、必ずしも正確性、合法性や安全性を保障するものではありません。個別具体的内容については専門家にご相談ください。

また当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供されるサービス等について一切の責任を負いません。

当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。 また、本コンテンツの記載内容は、予告なしに変更することがあります。

-レクリエーション保険のこと