レクリエーション保険のこと

【イベント時のケガ補償】住友生命はレクリエーション保険を販売している?

レクリエーション保険は住友生命では取り扱い無し。他社を検討しよう

住友生命はレクリエーション保険の取扱なし

イベントや行事を開催予定の方の中には、レクリエーション保険の加入を考えている方もいるでしょう。

レクリエーション保険は様々な損害保険会社から販売されていますが、この記事では住友生命レクリエーション保険は扱われているのかどうかを解説します。

結論から言うと、残念ながら住友生命ではレクリエーション保険を取り扱っていません。

そのため、住友生命以外のレクリエーション保険か、住友生命が販売しているその他のケガに関する保険商品に加入する必要があります。

当記事では、これらの代替案についても紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

住友生命ではレクリエーション保険の取り扱いをしていない

住友生命は生命保険や養老保険、学資保険などを主に取り扱っている生命保険会社です。

保険商品の品揃えは多くありますが、残念ながら住友生命ではレクリエーション保険に関しては取り扱いがありません。

そのため、イベントや行事の際に参加者のケガ・事故に備えたい場合には、住友生命以外の保険会社からレクリエーション保険に加入することをおすすめします。

レクリエーション保険に加入するなら住友生命以外を選ぼう

現在レクリエーション保険を取り扱っている保険会社は、下記のとおりです。

  • あいおいニッセイ同和損保
  • 損保ジャパン
  • 東京海上日動
  • 日新火災
  • 三井住友海上
  • AIG損保
  • JA共済

レクリエーション保険は、基本補償や契約の対象となるイベント・行事、保険料などは基本的にどの保険会社も同じくらいです。

違いがあるのは、付帯できる特約です。保険会社によっては特約を付帯することで熱中症や細菌性の食中毒も補償対象にすることができるなど、補償内容を手厚くすることができます。

自分のニーズに合った保険商品を選べるように、当サイトでは現在販売されているレクリエーション保険を比較してまとめたページを用意しています。

レクリエーション保険を検討している方は、下記の記事を参考にしてみてください。

レクレーション保険を比べる

レクリエーション保険に加入する際の注意点

レクリエーション保険に加入する際の注意点

レクリエーション保険に加入する際の注意点

レクリエーション保険に加入する際には、いくつか注意点があります。

事前に確認しておきましょう。

損害賠償責任保険は別途加入が必要

レクリエーション保険に加入する際、補償内容は主に「傷害保険」のみで、損害賠償責任保険などは付帯されていないことが多い点に注意が必要です。

多くの保険会社では、レクレーション活動中に発生した事故による参加者の死亡・後遺障害・入院・通院・手術に対する補償といった傷害保険だけを用意しています。

そのため、レクレーション参加者が第三者(見物人など)に何かしらの損害を与えた場合の損害賠償責任に備えるには、別途専用の損害賠償責任保険に加入する必要があります。

必要最低限の補償で良いという場合にはレクリエーション保険(傷害保険)のみで問題ありませんが、見物人が多く集まるイベントや、行事の会場近辺に住宅地がある場合などは損害賠償責任保険も検討しておいた方が安心です。

契約対象にならないイベント・行事がある

レクリエーション保険では、どの保険会社も契約できる条件を設定しています。その条件から外れてしまうと契約対象とならなくなってしまうため注意しましょう。

主な契約対象外の例は、下記の2つです。

  • 危険度の高いイベント・行事・レクレーション活動を行う
  • 宿泊をともなうイベント・行事・レクレーション活動を行う

危険度の高いイベントやレクレーション活動は、スカイダイビングやハンググライダー、ロッククライミング、バンジージャンプなどが該当します。

契約対象外となる種目は各保険会社のレクリエーション保険パンフレット資料に記載されているため、事前にネット・電話問い合わせなどをして資料請求し、条件を確認しましょう。

また、宿泊をともなうイベントや行事は、どんな内容であっても契約対象外になります。もしイベントの日程に宿泊が含まれている場合には、レクリエーション保険ではなく国内旅行傷害保険を検討しましょう。

契約条件として団体の参加者に最低人数制限がある

レクリエーション保険は、団体向けの保険です。そのため、保険会社がそれぞれ契約できる最低人数を設定しており、その人数を下回ってしまうと契約することができなくなってしまいます。

多くの保険会社では、最低人数は20名から。なかには、45名以上の団体でなければ契約できないものや、10名程度でも加入できるものもあります。

どの保険会社でも、2名~9名程度のごく少数の団体が契約できるようなレクリエーション保険は販売されていません。そういった場合には、国内旅行傷害保険を選ぶか、「1DAYレジャー保険」など個人が1日単位の期間で加入できるレジャー保険を活用しましょう。

住友生命では傷害に備えられる保険を販売している?

住友生命が販売する保険商品とは

住友生命が販売する保険商品とは

冒頭で解説した通り、住友生命ではレクリエーション保険の取り扱いはありません。

しかし、もしどうしても住友生命の保険商品でケガに備えたいという場合には、「1UP Vitality」という保険商品で補償を用意することができます。

住友生命の総合保障保険「1UP Vitality」の特徴

住友生命の「1UP Vitality」は、ケガや病気が発生した場合の幅広いリスクに備えることができる保険です。

ケガや病気による入院・手術の費用はもちろん、ケガや病気が原因で働けなくなったり介護が必要になったりした場合の収入保障や、がんと診断された際の保障も用意されています。

ケガ・病気に対して総合的に備えられるだけでなく、良好な健康状態が続いている場合には保険料も割引されるなど嬉しいサービスがついている点が住友生命の1UP Vitalityの特長です。

日常生活のリスクに備える保険なので、イベントのために加入するには不向き

住友生命の「1UP Vitality」は、レクリエーション保険のようにイベントや行事に合わせて加入する保険ではなく、日常生活のケガ・病気のリスクに備えるために長期的に加入する保険です。

そのため、レクレーション活動時だけ使える保険を探しているという方には住友生命の1UP Vitalityは不向きです。

あくまで日常生活のリスクに備えるために継続して加入したいという方におすすめです。

まとめ:イベント時のケガに備える場合は他社を検討しよう

今回は、住友生命のレクリエーション保険について解説してきました。

住友生命では、レクリエーション保険の取り扱いはありません。また、その他に用意されている保険商品も、日常生活の中でのケガ・病気のリスク対策や働けなくなった場合の保障が主なので、イベント時のリスク対策には不向きです。

レクリエーション保険を検討するのであれば、住友生命以外の保険会社から検討しましょう。

他社のレクリエーション保険を検討する場合、保険会社によって付帯できる特約が異なるため、よく比較して選びましょう。また、レクリエーション保険は一般的に補償内容は傷害保険のみで、損害賠償責任保険は別途加入が必要となる点に注意して下さい。

-レクリエーション保険のこと