学校行事

保育園の年間行事には何がある?そのねらいや目的とは

1年を通して保育園が行う行事は何がある?それぞれの目的を解説

保育園の年間行事には何がある?そのねらいや目的とは

保育園では一年間を通してさまざまな行事が行われています。

各行事には、子どもたちの毎日を楽しくすることはもちろんのこと、季節の移り変わりや日本の伝統を知ることなどのねらいがあります。

また、日ごろ仕事で忙しい保護者とゆっくり交流する時間を持つことで、子どもとの楽しい思い出を作ることも目的のひとつとされています。

ここでは、保育園で行われている行事やその内容やねらい・目的についてご紹介していきます。

保育園の年間行事一覧

保育園の年間行事一覧

保育園で行われている行事は、細かくは保育園ごとに異なりますが、共通して行われている行事もたくさんあります。

そこでまずは、保育園の年間行事を一覧表にまとめたものをご紹介していきます。

主な行事
4月 ・入学式・進級式
5月 ・子どもの日・母の日・遠足
6月 ・虫歯予防の日・父の日・保育参観
7月 ・七夕まつり・プール・お泊り保育
8月 ・夏祭り
9月 ・お月見・敬老の日・遠足
10月 ・運動会・芋ほり会・ハロウィン
11月 ・七五三
12月 ・クリスマス会
1月 ・お正月・餅つき大会
2月 ・豆まき(節分)・発表会
3月 ・ひな祭り・卒業式・お別れ会

保育園によって行事が行われる月が異なることがありますが、一般的にこのようなスケジュールでさまざまな行事が行われます。

また、行事一覧表には書かれていませんが、毎月「お誕生会」も行われることが多いです。

年間行事の内容と目的

年間行事の内容と目的

保育園の主な行事の内容と、行事が行われるねらいや目的などについて見ていきましょう。

保育園の行事①:入園式・進級式

新年度の最初の保育園行事として入園式があります。新しく入園する子どもたちとその保護者にとって思い出深い一日となる行事です。

入園式が行われる目的としては、主にふたつのことがあります。

ひとつは、入園の喜びを子どもと保護者、そして保育士みんなで分かち合うことです。

そしてふたつ目は、子どもにとって初めて家族以外と過ごすことになる保育園が「楽しいところ」と思えるように、また、子どもや保護者の不安や緊張を解くためです。

さらに、保育園によっては進級式を行うところもあります。保育園によって、また、子どもの年齢によって式の内容は異なりますが、保護者は参加しないのが一般的です。

進級式を行うねらいとしては、進級したことを保育士と子どもたちが一緒にお祝いすることや、ふだんあまり顔を合わせない他クラスの子どもとの交流を深めることなどがあります。

保育園の行事②:親子遠足

保育園では、年間に親子遠足がたびたび行われることがあり、一般的に「春の親子遠足」、「秋の親子遠足」、「お別れ遠足」などがあります。

こういった遠足にはそれぞれねらいがあり、春や秋の親子遠足では、季節の移り変わりを感じながら子ども同士の交流を深めたり、日ごろは仕事で忙しくあまり顔を合わせることのない保護者同士の親睦を図ったりすることなどがあります。

また、お別れ遠足は、卒園する前に保育園での思い出を振り返るとともに、子どもの成長を感じ最後の思い出作りをすることを目的としています。

親子でお弁当を食べたりバスの中でゲームをしたり、子どもたちにとって楽しい一日となるでしょう。

保育園の行事③:保育参観

6月くらいに保育参観の行事があるところが多いです。

保育参観は、保護者が保育園で楽しく過ごす子どもの様子を見て、安心してもらうことをねらいとしています。

また、平日は仕事や家のことで忙しく、子ども一緒にとゆっくりと関わる余裕のない保護者も多いため、親子一緒に工作をしたりゲームをしたりする時間を持つことも目的のひとつとされています。

さらに、6月に保育参観を行う場合は父の日が近いこともあり、父親をメインとする参観にするところもあります。

保育園の行事④:七夕まつり

七夕まつりは、日本の伝統行事を知り興味を持ってもらうことをねらいとして行われる行事です。

子どもたちみんなで短冊に願い事を書き、笹の葉にさまざまな飾りをつけ、七夕の歌を歌います。

また、お楽しみ会を同時に行うことも多く、七夕の意味や由来を紙芝居やパネルシアターなどのイラストで学んだり、クイズやゲームとして楽しみながら覚えたりすることも目的としています。

保育園の行事⑤:夏祭り

夏のイベントとして大きなものに夏祭りがあります。

夏祭りは、子どもと保護者、そして保育士の交流を深めることをねらいとするもので、保育園だけで開催するケースと地域の方も含めて縁日のように開催するケースなどがあります。

子どもたちがおみこしを担いだり盆踊りを踊ったりと、七夕まつり同様に伝統行事の大切さを知ることも目的としています。

具体的な内容は保育園によって異なりますが、保護者が出店を担当したりバザー用の品物を募集したりなど、保護者の役割も与えられることが多いです。

保育園の行事⑥:お泊り保育(年長)

保育園の年長さんの行事として、お泊り保育があります。お泊り保育は、いつもとは違った環境の中で保護者と離れた生活をすることで、自立心を培うことなどをねらいとしています。

また、日常生活では得られない経験をすることで、心身ともに成長することも目的としています。

子どもによって大はしゃぎするタイプやさみしさから泣き出してしまう子どもまでさまざまです。保護者としては心配かもしれませんが、一晩明けて会ったときには成長を実感することができるでしょう。

保育園の行事⑦:お月見

保育園の行事⑦:お月見

「十五夜」のお月見を行事として行う保育園では、月やうさぎなどを制作して部屋を飾り付けて楽しみます。

また、絵本の読み聞かせや紙芝居などを利用して、十五夜の意味(秋の収穫について感謝すること)を学ぶこともねらいとしています。

保育園によっては、お餅をついてお団子を丸めるといった料理をイベントとするところも。

楽しむだけでなく日本の伝統的な文化に触れる良い機会でもあります。

保育園の行事⑧:運動会

保育園の行事の中でも大きなもののひとつに運動会があります。

子どもたちと保育士がひとつになって運動会の出し物に向けて練習を重ねることで、子ども同士の協調性をはぐくむとともに、目標にむけて頑張りぬくことの大切さを学ぶことをねらいとしています。

また、保護者と一緒に参加する種目も取り入れることで、親子のきずなを深めることも目的のひとつとされます。

運動会は、保護者にとって子どもの成長を見ることができる大事な行事といえます。

1位を取ることだけでなく頑張りぬいた子どもをほめて、スポーツを楽しむことの大切さを学ばせましょう。

保育園の行事⑨:ハロウィン

ハロウィンは日本古来の行事ではなく、本来はキリスト教のお祭りで近年日本でも定着してきたお祭りのひとつですが、保育園の行事として取り入れているところが多いです。

ハロウィンをイベントとする目的としては、季節の移り変わりを感じるとともに、日本に定着した外国の文化にも触れることがあります。

子どもたちはハロウィンにちなんだ仮装をして園内や地域の中をパレードします。保育士もアイデアを凝らした仮装をすると、子ども達と一緒に盛り上がり楽しめます。

プレゼントにお菓子がもらえることも、子どもには楽しみのひとつでしょう。

保育園の行事⑩:クリスマス会

12月になると、多くの保育園ではクリスマスムードに包まれて、クリスマスに向けての活動が始まります。

クリスマス会当日だけでなく、その日のためにツリーや飾りなどを工作したり、クリスマスソングや絵本の読み聞かせをしたりなど、徐々にクリスマス気分を高めていきます。

クリスマス会は保育園でも大きな行事のひとつですが、クリスマスに関心を持つことやクリスマス特有のわくわくした雰囲気を保育士やお友達と楽しむことをねらいとしています。

クリスマス会では、園長先生がサンタクロースに扮して子どもたちにプレゼントを配るところも多いです。

保育園の行事⑪:お正月のお楽しみ会

新たな年の始まりをお祝いするために、お正月のお楽しみ会を行事としている保育園もあります。

お正月のお楽しみ会では、凧揚げやこま回しなどの日本の伝統的な遊びを取り入れることで、日本文化の大切さを学ぶことをねらいとしています。

保育園によっては、餅つき体験なども行い季節にちなんだ食事に触れることも目的とされています。

保育園の行事⑫:豆まき(節分)

豆まきを行事として取り入れる保育園では、工作で鬼の面や豆を入れる箱を作り、鬼役の保育士や園長先生に向けて豆をまくことを楽しんでいます。

豆まきは、1年間の無病息災を祈る年中行事ですが、子どもたちに「節分」という行事の存在や意味を知ってもらうことをねらいとしています。

年中や年長クラスになると元気いっぱいに参加できる子もいますが、乳児クラスなどでは泣き出してしまう子も多いです。

保育園の行事⑬:生活発表会

生活発表会は、2月や3月などに1年間の総まとめの行事として行われることが多いです。

子どもたちみんなでひとつのことに懸命に取り組むことで、協力し合い達成することの喜びを感じることをねらいとしています。

子どもたちは、歌や楽器、ダンス、劇といったさまざまな表現により成長を披露し、保護者に一年間の成長を感じてもらうことも目的とされています。

保育園の行事⑭:卒園式

卒園式は、保育園の年度最後の大きな行事です。卒業する園児の成長を保育士と保護者ともに喜び合い、新しい門出をお祝いすることがねらいです。

これまで毎日通った保育園に別れを告げて小学校へと入学していく子どもにとって、大きな節目の日となります。もちろん、保護者にとっても子どもの成長を祝う大切な節目の日です。

卒園証書を受け取ることで、これからの新しい生活へ自信を持って臨めるようにすることも目的のひとつです。

保育園がイベントを行う目的とは

保育園がイベントを行う目的とは

ご紹介したように、保育園では年間を通してさまざまな行事が行われていますが、このように多くの行事を行うことにはどのような目的があるのでしょうか。

【保育園の行事が行われる目的】

  • 季節の移り変わりを肌で感じる
  • 日本の伝統行事を知る
  • 保護者と子ども、保育士の交流を深める
  • 子どもの成長を確認する
  • 子ども同士の協調性や自立心を向上させる

主に、このようなねらいや目的があることが考えられます。

これらのねらいや目的を日々の遊びの中にうまく取り入れることで、子どもの成長に役立つように工夫されているといえます。

新型コロナウィルスの影響でイベントが減少

新型コロナウィルス感染拡大予防のために、保育園の行事が減少されています。

運動会や発表会、入園式や卒園式などの大きなイベントが中止または縮小開催や人数制限といった措置を取っている保育園がほとんどです。

保育園への理解を示す保護者もいる一方で、納得しきれない保護者がいることも事実。子どもも保護者も悔しい思いをした方が多いことでしょう。

しかし、保育園としてもできる限りの新型コロナウィルス感染予防の措置をとり計画書を練り直すことで、子どもや保護者に可能な限り満足してもらえるよう努力をしています。

今後、新型コロナウィルス感染がどのような広がりを見せるか不透明ですが、まず優先すべきは子どもたちの健康なので、保育士と保護者がひとつになって感染予防に取り組んでいくことが大切です。

まとめ

ご紹介してきたように、保育園では一年を通してさまざまな行事が行われています。

新型コロナウィルス感染拡大予防の観点から、行事が中止または縮小開催・人数制限といった措置が取られていますが、感染予防対策を取りながら開催に向けて前向きな保育園も増えてきました。

行事の際には、参加する子どもや保護者、保育士の「保険」についても考えておかなければなりません。万が一に備え万全の保障を付けておくには「レクリエーション保険」がおすすめです。

保育園の行事を開催する際には、参加者みんなが安心して臨めるように、保障もしっかりと付けておくようにしましょう。

-学校行事