レクリエーション保険のこと

格安で加入できるレクリエーション保険はどれ?保険料を比較!

レクリエーション保険は格安な保険料で加入できる!契約時の注意点とは

格安な保険料で加入できるレクリエーション保険

レクリエーション保険は、1日あたり格安な金額で加入することができます。

参加者1人あたり数十円程度から加入できるため、金銭的な負担を最小限に抑えてケガのリスクの備えることが可能です。

この記事では、格安で加入できるレクリエーション保険を紹介。各保険会社の保険パンフレット資料に載っている保険金額・保険料の例を提示しながら解説します。

なるべく格安な保険料で加入できるレクリエーション保険をお探しの方はぜひチェックしてみてください。

レクリエーション保険の保険料はいくら?

レクリエーション保険の保険料はどう決まる?

レクリエーション保険の保険料はどう決まる?

レクリエーション保険は、イベント1回ごとに加入することができる利便性の高さや、格安な料金で契約できる手軽さが人気の傷害保険です。

人気の大きな理由である格安な保険料ですが、金額は1人あたり1日いくらという形で算出されます。

条件によって金額は異なりますが、1人あたり1日20円~300円ほどの金額で加入することができます。

補償内容と開催するイベントによって異なる

レクリエーション保険の保険料は、補償内容と、開催するイベントの内容によって1日あたりの保険料が異なります。

死亡保険金や入院保険金などの保険金額を高く設定すれば、その分割高になります。

また、イベントの内容については、保険会社が設定しているイベント・行事の区分に応じて保険料が決まります。

一般的に、ケガをするリスクが高い(危険度が高い)種目ほど保険料は割高になりますが、日常的に行われるスポーツやお祭りなどは格安な金額で済むことがほとんどです。

イベントや行事の種目による区分の例として、損保ジャパンのレクリエーション保険を紹介します。

区分 行事・イベントの種類
A 日帰り遠足、料理教室、海水浴、花火大会、盆踊りなど
B 運動会、日帰りキャンプ、軟式・準硬式野球、マラソンなど
C 硬式野球、サッカー、サッカー、空手など

損保ジャパン レクリエーション補償プランのご案内
https://www.gia-agency.jp/images/stories/pdf/レクリエーション保険.pdf

格安で加入できる保険商品は?保険料を比較!

格安な保険商品を比較

格安な保険商品を比較

ここでは、格安な保険料で加入できるレクリエーション保険として、下記の3つの保険商品の保険料を比較して紹介します。

  • 損保ジャパン「レクリエーション補償プラン」
  • 東京海上日動「レクリエーション傷害補償プラン」
  • 農協「イベント共済」

なお、こちらでご紹介しているのは、各保険会社が用意しているレクリエーション保険のパンフレットに記載されている保険料例です。

実際に契約する場合、死亡保険金や入院保険金などの設定金額によって保険料は異なりますので、注意してください。

損保ジャパンのレクリエーション保険

区分 レクリエーションの種類 保険料
(1日・1人)
保険金額
A 日帰り遠足、料理教室、海水浴、花火大会、盆踊りなど 30円 死亡・後遺障害保険金:455万円
入院保険金日額:4,000円
通院保険金日額:2,000円
B 運動会、日帰りキャンプ、軟式・準硬式野球、マラソンなど 150円 死亡・後遺障害保険金:460万円
入院保険金日額:4,000円
通院保険金日額:2,000円
C 硬式野球、サッカー、サッカー、空手など 300円 死亡・後遺障害保険金:457万円
入院保険金日額:4,000円
通院保険金日額:2,000円
区分:A
活動種目 日帰り遠足、料理教室、海水浴、花火大会、盆踊りなど
保険料 30円(1人につき、1日あたりの金額)
保険金 死亡・後遺障害保険金:455万円
入院保険金日額:4,000円
通院保険金日額:2,000円
区分:B
活動種目 運動会、日帰りキャンプ、
軟式・準硬式野球、マラソンなど
保険料 150円(1人につき、1日あたりの金額)
保険金 死亡・後遺障害保険金:460万円
入院保険金日額:4,000円
通院保険金日額:2,000円
区分:C
活動種目 硬式野球、サッカー、サッカー、空手など
保険料 300円(1人につき、1日あたりの金額)
保険金 死亡・後遺障害保険金:457万円
入院保険金日額:4,000円
通院保険金日額:2,000円

※熱中症危険補償特約を付帯した場合の保険料です。

損保ジャパンのレクリエーション保険では、上記の例であれば1人あたり1日30円~300円という格安な料金で契約することができます。

また、損保ジャパンのレクリエーション保険には「熱中症危険補償特約」や「細菌性食中毒およびウイルス性およびウイルス性食中毒補償特約」という特約を付帯することができる点がポイント。

夏場のイベントや行事中の熱中症リスクや、飲食を伴うイベントでも食中毒リスクにも備えることができます(特約を付帯すると保険料は高くなります)。

格安な保険料で幅広いリスクに備えることができる保険商品と言えるでしょう。

損保ジャパン レクリエーション補償プランのご案内
https://www.gia-agency.jp/images/stories/pdf/レクリエーション保険.pdf

東京海上日動のレクリエーション保険

区分 レクリエーションの種類 保険料
(1日・1人)
保険金額
A バドミントン大会、卓球大会、テニス大会、ハイキング、水泳教室、ヨガ、日帰り遠足、潮干狩りなど 24円 死亡・後遺障害保険金:500万円
入院保険金日額:2,000円
通院保険金日額:1,000円
B 軟式野球の大会、剣道大会、陸上競技、運動会、サイクリング、マラソン大会、サッカー教室など 120円
C サッカー大会、硬式野球大会、山車・みこしに参加する祭り、ハンドボール、バスケットボールなど 241円
区分:A
活動種目 バドミントン大会、卓球大会、テニス大会、ハイキング、水泳教室、ヨガ、日帰り遠足、潮干狩りなど
保険料 24円(1人につき、1日あたりの金額)
保険金 死亡・後遺障害保険金:500万円
入院保険金日額:2,000円
通院保険金日額:1,000円
区分:B
活動種目 軟式野球の大会、剣道大会、陸上競技、運動会、サイクリング、マラソン大会、サッカー教室など
保険料 120円(1人につき、1日あたりの金額)
保険金 死亡・後遺障害保険金:500万円
入院保険金日額:2,000円
通院保険金日額:1,000円
区分:C
活動種目 サッカー大会、硬式野球大会、山車・みこしに参加する祭り、ハンドボール、バスケットボールなど
保険料 241円(1人につき、1日あたりの金額)
保険金 死亡・後遺障害保険金:500万円
入院保険金日額:2,000円
通院保険金日額:1,000円

東京海上日動のレクリエーション保険は、上記の例であれば1人あたり20円~240円ほどの格安な料金で契約することができます。

通院保険金が日額1,000円と比較的低めに設定されているため、よりしっかりケガのリスクに備えたい方はもう少し保険金額を上げるのも良いでしょう。

東京海上日動火災保険 レクリェーション災害補償プランのおすすめ
https://files.japanslht.or.jp/notifications/2019/08/07/レクリエーション災害補償プラン20190807.pdf

農協のレクリエーション保険

区分 レクリエーションの種類 保険料
(1日・1人)
保険金額
1級 バレーボール、ボウリング、草刈りなど 18円~24円 死亡共済金300万円
部位・症状別治療共済金額3000円
2級 野球、剣道、運動会、みこし(子供主体)、防災訓練など 75円~90円
3級 スキー(ジャンプを除く)、相撲、ラグビー、みこし(大人主体)など 156円~186円
区分:1級
活動種目 バレーボール、ボウリング、草刈りなど
保険料 18円~24円(1人につき、1日あたりの金額)
保険金 死亡共済金300万円
部位・症状別治療共済金額3000円
区分:2級
活動種目 野球、剣道、運動会、みこし(子供主体)、防災訓練など
保険料 75円~90円(1人につき、1日あたりの金額)
保険金 死亡共済金300万円
部位・症状別治療共済金額3000円
区分:3級
活動種目 スキー(ジャンプを除く)、相撲、ラグビー、みこし(大人主体)など
保険料 156円~186円(1人につき、1日あたりの金額)
保険金 死亡共済金300万円
部位・症状別治療共済金額3000円

農協のレクリエーション保険は、他の保険商品と比較して非常に格安な保険料(共済金)で加入することができますが、上記の例では死亡共済金300万円と他の保険商品よりも低い金額になっている点に注意が必要です。

また、農協のレクリエーション保険は加入する場合は農協(JA)の支店窓口に行くか、電話で問い合わせをして加入手続きをする必要があります。

保険代理店などでは加入できない点に気をつけてください。

農協 イベント共済
https://www.ja-kyosai.or.jp/okangae/person/event/pdf/event_201904.pdf

金額だけで決めるのは要注意。チェックすべき点とは

契約時に確認すべき点

契約時に確認すべき点

レクリエーション保険に加入する際には、いくら格安なものが良いからと行って料金だけを見て決めるのはおすすめできません。

ここでは、レクリエーション保険に加入する際にチェックすべき点を解説します。

加入できる団体の最低人数

レクリエーション保険は、契約できる団体の最少人数が保険会社ごとに定められています。

たとえば、損保ジャパンのレクリエーション保険だと20名が加入最少人数です。20人を下回ると、契約することはできません。

今回当記事で紹介したレクリエーション保険ごとの最低加入人数は、下記のとおりです。

保険会社 加入最低人数
損保ジャパン 20人
東京海上日動 45人
農協 10人

付帯できる特約の種類

レクリエーション保険には、保険会社によっては特約を付帯させることができます。

特約を付帯させることで、補償の対象となる範囲を広くすることができ、手厚い備えを用意できます。

レクリエーション保険に特約を付帯させるとその分保険料は少し高額になりますが、もともとの保険料が格安なので、金銭的負担もそこまで大きくはなりません。開催するイベントや行事の内容によっては検討することをおすすめします。

今回紹介した保険商品に付帯できる特約は、下記のとおりです。

保険会社 加入最低人数
損保ジャパン 熱中症危険補償特約
細菌性食中毒およびウイルス性およびウイルス性食中毒補償特約
東京海上日動 特になし
農協 特になし

損害賠償責任保険の検討

イベントや行事を行う際には、ケガのリスクだけでなく法律上の損害賠償責任を問われるリスクも考える必要があります。

たとえば、球技スポーツを行っている際に通行人や見学者にボールがあたり、ケガをさせてしまった場合には、怪我をした人からケガの治療費等の損害賠償金を請求される可能性があります。

また、主催者や参加者の過失でイベント会場や借りている施設に損害を与えてしまった場合にも、損害賠償金を請求されるリスクが考えられます。

こういった場合に備えて、損害賠償責任保険の加入も検討しておきましょう。レクリエーション保険が適用されるようなイベント・行事向けの損害賠償責任保険であれば、保険料は格安で済みます。

保険会社によっては、レクリエーション保険と損害賠償責任保険をセットで用意している場合がありますが、ないケースも多いです。

損害賠償責任保険がセットになっていないときには、別途イベント・行事用の損害賠償責任に加入したい旨を保険代理店または保険会社のスタッフに伝え、適切な保険商品を紹介してもらいましょう。

なお、今回ご紹介した保険商品の損害賠償責任の有無は下記のとおりです。

保険会社 損害賠償責任保険の有無
損保ジャパン 無し
東京海上日動 あり
農協 あり

格安な保険料のレクリエーション保険まとめ

今回は、格安な保険料で契約できるレクリエーション保険と、レクリエーション保険加入時の注意点について解説しました。

レクリエーション保険は、1人あたり1日30円~300円程度という格安な保険料で契約できる利用しやすい保険商品です。しかし、いくら安い金額で加入したいと言っても、格安な料金だけで決めずに補償内容をよく確認しましょう。

また、しっかりリスク対策をするのであれば、損害賠償責任保険の加入を検討することがおすすめです。単発のイベント・行事向けに格安な保険料で契約できる損害賠償責任保険もあるので、そこまで金銭的負担を気にせずに加入することができますよ。

-レクリエーション保険のこと