レクリエーション保険のこと

第一生命にレクリエーション保険は無い!他社の傷害保険商品を検討しよう

注意!第一生命ではレクリエーション保険の取り扱いは無い

レクリエーション保険は、レジャーやイベントを行う際に加入できる団体向けの傷害保険です。

活動中に発生する参加者のケガに備えることができ、保険料も手頃で1日単位で加入できるため、ちょっとしたイベントや行事で活用されます。

レクリエーション保険を取り扱っている保険会社は様々ありますが、この記事では第一生命保険株式会社に注目して解説します。

第一生命は国内でも有名な生命保険会社ですが、そもそもレクリエーション保険などケガに関する保険商品を取り扱っているのでしょうか。

第一生命でレクリエーション保険に加入したいと考えている方は、ぜひチェックしてください。

注意!第一生命でのレクリエーション保険の販売は終了している

残念ながら、第一生命ではレクリエーション保険の販売はしていません。

第一生命で現在主に取り扱われているのは、医療保険や学資保険、個人年金保険など。レクリエーション活動やレジャーによるケガに関する保険商品は扱っていません。

そのため、レクリエーション保険に加入したい場合には他社の保険商品を検討しましょう。

以前は提携先の保険会社のレジャー保険に加入できた

第一生命では、以前はレクリエーション保険とよく似たレジャー保険である「一日ケガ保険」に加入することができました。

一日ケガ保険は、justInCase社という保険会社が引受会社となっている保険商品。その名の通り一日単位で加入することができ、スマホで簡単に手続きが可能という利便性が特徴で、休日のレジャーや旅行にも利用できる便利な保険商品です。

第一生命はjustInCase社と提携し、代理店という立ち位置で取り扱いをしていました。しかし、2020年に第一生命はjustInCase社との提携を取り止めたため、今は第一生命から一日ケガ保険に加入することができません。

現在は「justInCase社」のサイトから直接加入が可能

justInCase社の一日ケガ保険は、第一生命での取り扱いは無くなったものの、justInCase社での取り扱いはまだ続いています。

加入したい場合には、justInCase社のWebサイトから専用ページにアクセスし、ユーザー登録をして保険加入手続きを行う必要があります。

一日ケガ保険の補償内容

一日ケガ保険の補償内容は、選択するプランによって異なります。

どのプランも非常にシンプルで、最低限の補償内容のみが備えられており、その分保険料も割安になっています。

プラン 補償内容 保険料例
ケガほけん 1泊2日以上の入院:一時金50,000円
骨折・脱臼・靭帯断裂のいずれかのケガ:一時金20,000円
事故による通院:日額1,000円
30代男性の場合
一日95円
ケガほけん
個人賠償プラス
1泊2日以上の入院:一時金50,000円
骨折・脱臼・靭帯断裂のいずれかのケガ:一時金20,000円
事故による通院:日額1,000円
他人に損害を与えたとき:実費:1,000万円
30代男性の場合
一日104円
ケガほけん
食中毒プラス
1泊2日以上の入院:一時金50,000円
骨折・脱臼・靭帯断裂のいずれかのケガ:一時金20,000円
事故による通院:日額1,000円
他人に損害を与えたとき:実費:1,000万円
食中毒による入院:一時金50,000円
食中毒による通院:日額1,000円
30代男性の場合
一日109円
ケガほけん
遭難救助プラス
1泊2日以上の入院:一時金50,000円
骨折・脱臼・靭帯断裂のいずれかのケガ:一時金20,000円
事故による通院:日額1,000円
他人に損害を与えたとき:実費:1,000万円
遭難し、救助されたとき:実費300万円
30代男性の場合
一日167円
ケガほけん
1泊2日以上の入院:一時金50,000円
骨折・脱臼・靭帯断裂のいずれかのケガ:一時金20,000円
事故による通院:日額1,000円
30代男性の場合
一日95円
ケガほけん 個人賠償プラス
1泊2日以上の入院:一時金50,000円
骨折・脱臼・靭帯断裂のいずれかのケガ:一時金20,000円
事故による通院:日額1,000円
他人に損害を与えたとき:実費:1,000万円
30代男性の場合
一日104円
ケガほけん 食中毒プラス
1泊2日以上の入院:一時金50,000円
骨折・脱臼・靭帯断裂のいずれかのケガ:一時金20,000円
事故による通院:日額1,000円
他人に損害を与えたとき:実費:1,000万円
食中毒による入院:一時金50,000円
食中毒による通院:日額1,000円
30代男性の場合
一日109円
ケガほけん 遭難救助プラス
1泊2日以上の入院:一時金50,000円
骨折・脱臼・靭帯断裂のいずれかのケガ:一時金20,000円
事故による通院:日額1,000円
他人に損害を与えたとき:実費:1,000万円
遭難し、救助されたとき:実費300万円
30代男性の場合
一日167円

一般的なレクリエーション保険では、怪我による入院・通院に関する補償のほか、死亡保険金、後遺障害保険金、手術保険金が用意されていますが、一日ケガ保険にはありません。

そのため、本当に万が一を考える場合にはレクリエーション保険を選んだほうが良いでしょう。

その反面、最低限の補償のみがついているため、プラン全体を通して保険料は安めに設定されているところが一日ケガ保険の良いところでしょう。

第三者への損害賠償金や避難救助に関する費用まで補償されるプランもあるため、自分たちが行うレジャーやイベントの内容に合わせて適切なものを選ぶことができるのも嬉しいポイントです。

一日ケガ保険の加入方法

もしレクリエーション保険ではなくjustInCase社の一日ケガ保険に加入したい場合は、justInCase社のホームページから、下記の手順で手続きを行う必要があります。

  1. 画面の指示に従い、保険申込み用のアカウントを作成します。
  2. アカウントを作成後、専用マイページにアクセス。申し込みたい保険プランを選択して、画面の指示に沿って契約者情報等を入力します。
  3. 保険料の支払いはカード払いになるため、カード情報を登録します。
  4. 必要事項やカード情報の入力が終了したら、契約手続きが完了になります。設定した保険期間から補償が適用されます。

justInCase社 ホームページ
https://justincase.jp/accident

また、一日ケガ保険は保険金の請求もマイページ上で行うことができます。

万が一の際にスムーズに保険金の請求手続きができるように、マイページのログイン情報を控えておくようにすると良いでしょう。

レクリエーション保険の代わりになるケガの保険は第一生命で取扱われている?

第一生命では、現在はレクリエーション保険が販売されていません。

また、第一生命では、レクリエーション保険の代わりとして活用できるようなケガに関する保険商品の取り扱いも残念ながらありません。

先に少し説明しましたが、第一生命で現在主に取り扱われているのは、医療保険や学資保険、個人年金保険などです。医療保険でケガに関する通院・入院なども補償していますが、メインとなるのは病気に対する補償となるため、レクリエーション保険の代わりとして用いるには適していません。

以上のことから、第一生命ではケガに備える保険商品に入るのは難しいと言えます。そのため、レクリエーション保険を検討されている方は、第一生命以外の保険会社を選ぶことをおすすめします。

当サイトでは、レクリエーション保険を取り扱っている保険会社の保険商品を比較し、おすすめをご紹介しています。他社のレクリエーション保険を検討される方は、ぜひ参考にして下さい。

現在販売されている
保険商品から検討する

まとめ:団体・グループ向けの傷害保険は他社の商品を検討しよう

今回は、第一生命レクリエーション保険について解説しました。

残念ながら、第一生命ではレクリエーション保険の取り扱いはしていません。以前はjustInCase社と提携して販売を行っていたものの、提携をやめたため現在は第一生命からケガに関する保険に加入することができません。

レクリエーション保険を検討する場合は、第一生命以外の保険商品から選ぶようにしましょう。

損保ジャパンや東京海上日動、三井住友海上など、国内大手の損保会社でレクリエーション保険が取扱われています。いずれもネットから簡単に加入問い合わせができるため、検討してみて下さい。

-レクリエーション保険のこと