レクリエーション保険のこと

レクリエーション保険のオンライン申込は可能?補償内容や対象行事も紹介

レクリエーション保険がオンライン申込対象かどうかを解説

レクリエーション保険のオンライン申込は可能?補償内容や対象行事も紹介

子ども会のお祭りや地域の交流会、社内運動会など、人が集まって開催される行事やイベント、レジャーにはケガや事故がつきものです。

参加者や入場者が安全に行事やイベントを楽しめるように、万が一に備えて「レクリエーション保険」に加入しておくと安心ですが、レクリエーション保険はオンラインで申込みをすることができるのでしょうか。

そこでこの記事では、レクリエーション保険はオンライン申し込みが可能かどうかについて、また、レクリエーション保険の具体的な補償内容や対象となる行事やイベント、レジャーの例などについてご紹介していきます。

レクリエーション保険はオンライン申し込みができる?

レクリエーション保険はオンライン申し込みができる?
レクリエーション保険の中には、オンラインでの申し込みにも対応している商品があります。

しかし、できるのはあくまでも「申し込みまで」で、保険料の支払いなど契約完了まですべてがオンラインで完結できるわけではありません。

オンライン申し込みに対応しているレクリエーション保険は、一般的に保険会社などにオンラインで申込みをした後に、担当者とプランや補償内容などについて相談したうえで契約をする流れとなっています。

つまり、オンライン申し込みの後、直接担当者とのやり取りは欠かせないということですが、補償内容の確認や見積りをとるうえでも直接のやり取りがある方が安心ともいえます。

ちなみに、イベントや行事の開催当日になってレクリエーション保険に加入したくても、オンラインで即日契約完了することはできませんのでご注意ください。

オンラインで申し込める「レクリエーション保険」とは

オンラインで申し込める「レクリエーション保険」とは
オンラインで申し込めるレクリエーション保険は、町内のお祭りや社内運動会、遠足など、比較的小規模な行事やイベント、レジャーを対象とした商品です。

イベントや行事の最中に、参加者や入場者がケガをして入院や通院、手術をすることになった場合や、死亡や後遺障が残った場合などに保険金が支払われます。

なお、レクリエーション保険は参加者が個々で加入するものではなく、行事やイベントなどの主催者が契約する保険商品です。

保険金の支払い対象外の行事やイベントに注意

オンラインで申し込めるレクリエーション保険の補償対象となる行事やイベントは、地域の交流行事や日常的なイベントはほぼカバーしていますが、危険なスポーツ(ピッケルなどを使用する山岳登はんやスカイダイビング、バンジージャンプなど)は保険金の支払い対象外になります。

また、宿泊を伴った行事やイベントは補償対象外となります。

さらに、参加人数も「20名以上」といったように最少人数が決められていることが多く、参加者名簿などで確認が必要になることもあります。

企画しているイベントや行事がレクリエーション保険の補償対象になるかどうかは、オンラインで申し込む前に保険会社に相談することをおすすめします。

オンラインで申し込めるレクリエーション保険の補償内容

オンラインで申し込めるレクリエーション保険の補償内容
オンラインで申し込めるレクリエーション保険の主な補償内容は、「傷害保険」と「賠償責任保険」です。

傷害保険の補償内容

オンラインで申し込めるレクリエーション保険は、「急激」かつ「偶然」の「外来」の事故によりケガをしたり死亡・後遺症が残ったりした場合に補償されます。

  • 急激:突発的に起きた事故で、ケガの原因が直接的に当事故であること
  • 偶然:予知できない事故であること
  • 外来:ケガの原因が身体の外部からのものであること

これらに該当する事故がオンラインで申し込めるレクリエーション保険の対象となります。

レクリエーション保険によって取り扱っているプランや給付条件などが異なりますので、詳しくはオンラインで申し込む前に保険会社に確認することをおすすめします。

賠償責任保険の補償内容

オンラインで申し込めるレクリエーション保険には、行事やイベントの見学者や入場者などの「第三者」にケガを負わせた、または死亡させた場合の賠償責任補償を追加できるプランもあります。

賠償責任保険で支払われる主な保険金は以下の通りです。

  • 損害賠償金
  • 緊急措置費用
  • 争訟費用 など

オンラインで申し込めるレクリエーション保険の主な行事の種類

オンラインで申し込めるレクリエーション保険の対象となる行事やイベント、レジャーの具体例をご紹介します。

A:日帰り遠足、ハイキング、ゲートボール、ヨガ、公共施設見学会など
B:運動会、マラソン大会、日帰りキャンプ、スケートなど
C:硬式野球、サッカー、相撲、サーフィンなど

※取扱い保険会社によって異なることがあります。

一般的に、A→B→Cの順にケガのリスクが高くなるため、保険料もCが最も高くなります。

なお、レクリエーション保険ごとに、対象となる行事やイベントがパンフレットや公式サイトなどで詳しく記載されていますが、記載されていないイベント等についてはオンラインで申し込む前に直接確認すると良いでしょう。

新型コロナウィルス感染拡大によりイベント・行事は減少している

新型コロナウィルス感染拡大によりイベント・行事は減少している
2021年も引き続き、新型コロナウィルス感染拡大により、これまで開催されてきたイベントや行事、レジャーが中止または縮小開催といった措置が取られており、利用できる施設も制限されているケースがあります。

今後の感染拡大状況によって、イベントや行事の開催がどのようになるのかはいまだ不透明ですが、主催者や施設では感染予防対策を万全に整え、徐々にイベントや行事を再開しているところも出てきています。

参加者や観覧者が安心して募集に応募できるように、オンラインで申し込めるレクリエーション保険で備えておくことをおすすめします。

まとめ

レクリエーション保険は、オンラインで申し込むことはできますが、契約完了まではできず、保険会社の担当者とやり取りをする必要があります。

しかし、補償内容の確認や見積もりをとるうえでもやはり相談は必要なので、直接確認する方が安心です。

また、レクリエーション保険は取り扱っている保険会社により補償内容が異なりますので、資料請求をしてイベントや行事にマッチしたタイプのものを選ぶことをおすすめします。

さらに、今後の新型コロナウィルス関連のニュースにも注目し、開催する場合はレクリエーション保険を利用して万全の補償を付けておきましょう。

-レクリエーション保険のこと