レクリエーション保険のこと

1日100円以下でお得に補償!イベント保険の補償内容や支払い方法を紹介

イベント保険の特徴や主な補償内容を確認!

1日100円以下でお得に補償!イベント保険の補償内容や支払い方法を紹介

運動会やお祭りなど、多くの人がわくわくした気持ちになるイベント。しかし、イベント中に思わぬ事故が起きたり、損害が発生したりするケースも少なくありません。

イベントを主催するなら、万が一のことが起きた場合も想定してイベント保険に加入しておくと安心です。

本記事では、イベント保険の特徴や主な保障内容を紹介します。1日100円程度で加入できるお得なイベント保険・レクリエーション保険もチェックするので、ぜひ参考にしてください。

イベント保険とは

イベント保険とは

イベント保険とは、スポーツ大会、コンサート、展示会、お祭りなどさまざまなイベントを対象にした損害保険です。

イベント中に発生した事故による損害・傷害や賠償を補償できるため、団体で行事を行う場合に利用を検討する人が多いです。

コンビニで1日100円程度で加入できるイベント保険もあるため、参加者のもしもケガや施設の破損などが気になる場合は加入しておくといいでしょう。

イベント保険の主な補償内容

加入するイベント保険によって保障内容は異なりますが、一般的には以下のとおりです。

  • イベントが原因の事故による参加者・出演者のケガの補償
  • 施設の機材・展示品などが破損した場合の補償
  • イベントが中止になったときの損害補償
  • イベント施設の不備で第三者に損害を与えた場合の補償

詳しい補償内容については、イベント保険を取り扱う保険会社に確認するようにしましょう。担当者に確認した方が確実ですが、イベント保険のWebページやパンフレットなどでもチェックできます。

1日だけでも加入可能!100円以下でお得に補償したいならこの保険がおすすめ

1日だけでも加入可能!100円以下でお得に補償したいならこの保険がおすすめ

「1日だけのイベントでわざわざイベント保険に加入する必要があるかな」と考える人もいるでしょう。こうした場合は100円以下で手厚い補償が手に入る、あいおいニッセイ同和損保のレクリエーション傷害保険がおすすめです。

あいおいニッセイ同和損保のレクリエーション保険は、行事に参加した人のケガなどを補償します。対象者は20名以上となっています。

なお、レクリエーション保険はイベントが中止になった場合の損害のサポートはできません。

そのため、参加者が少人数で責任の範囲がそれほど大きくない場合は、あいおいニッセイ同和損保のレクリエーション保険への加入がおすすめです。

あいおいニッセイ同和損保のレクリエーション傷害保険の補償内容

ここでは、あいおいニッセイ同和損保のレクリエーション傷害保険が補償するイベント・行事の種類、保険金の種類を詳しく見ていきます。

補償対象のイベント・行事の種類

あいおいニッセイ同和損保のレクリエーション傷害保険では、以下のイベント・行事を補償対象としています。

保険料率 対象のレクリエーション行事
A 海水浴、日帰り遠足、映画鑑賞、体力テスト、天体観測、ボウリング、盆踊り、ラジオ体操、料理教室など
B 運動会、駅伝、日帰りキャンプ、アスレチック、マラソン、野球教室、乗馬、スケート、陸上競技など
C 硬式野球、サッカー、空手、スキー、柔道、ボクシング、相撲、サーフィン、ゴーカートなど

保険金の種類

あいおいニッセイ同和損保のレクリエーション傷害保険では、以下5つの保険金が支払われます。

  • 死亡保険金
  • 後遺障害保険金
  • 入院保険金
  • 手術保険金
  • 通院保険金

死亡保険金は行事やイベントが原因の事故で参加者が死亡した場合、後遺障害保険金は後遺障害が確認された場合に支払われる保険金です。

いずれも事故発生日から180日に死亡もしくは後遺障害となると、保険金がおりる仕組みです。後遺障害保険金の額は死亡・後遺障害保険金額に所定の支払い割合を乗じて、計算されます。

入院保険金は行事やイベントが原因の事故から180日以内の間に、参加者が医療機関に入院すると支払われます。保険金額は所定の入院保険金日額に入院日数を乗じて、決定されるルールです。

手術保険金も同様に、事故が発生してから180日以内に参加者が医療機関で手術を受けた場合に請求できます。保険金額は入院中に受けた手術か、入院中以外で受けた手術かによって計算方法が異なるためよく確認しましょう。

通院保険金は、行事・イベントによる事故で参加者が180日以内に医療機関へ通院すると支払われる保険金です。保険金額は所定の入院保険金日額に通院日数を乗じて計算されます。

あいおいニッセイ同和損保のレクリエーション傷害保険の支払い方法

保険料の支払い方法は、以下のとおりです。

  • 一時払い
  • 口座振替
  • クレジットカード払い

保険会社が保険料を受け取るまでにイベント・行事で事故が発生した場合は、補償適用外となります。保険の内容を確認し、契約に同意したら速やかに上記のいずれかの方法で保険料を支払うことをおすすめします。

まとめ

1日100円以下でお得に補償!イベント保険の補償内容や支払い方法を紹介まとめ

イベント保険に加入しておけば、団体で開催した行事で万が一のことがあってもケガや損害の補償が可能です。保険料が数百円と、かなりお得なイベント保険も存在するのでイベントを主催する際は、ぜひ加入を検討してみてください。

あいおいニッセイ同和損保のレクリエーション保険なら運動会やお祭りなどの行事が起因する事故を補償できます。また、1日100円程度で加入できるので選択肢に入れてみてください。

-レクリエーション保険のこと